• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2018/07/21(土)

コミュニティ

第4回「北海道スポーツ&エンターテインメント・カレッジ」を開催

北海道日本ハムファイターズは7月20日(金)、札幌市内で『第4回北海道スポーツ&エンターテイメント・カレッジ』を開催いたしました。本講は「北海道日本ハムファイターズ誕生15thプロジェクト」の一環として、北海道のスポーツ&エンターテインメントの更なる活性化やイノベーションの創出について考え、新たな夢への挑戦を担う人材育成・開発を目的としたもので、4回目となる今回は、主に北海道の企業や団体に所属する20~30代を中心とした約40名にご参加いただきました。

登壇した(株)北海道バスケットボールクラブの横田陽代表取締役CEOは、『レバンガ北海道の今日までの歩みとこれから』と題した講演で、「Bリーグが果たすべき役割とは何か、これまでどんな壁にぶつかり、それをどう乗り越えたか」を紹介。最後には「スポーツは観戦することではなく、社会問題を解決することが目的。公園にバスケットゴールが溢れる社会を目指し、北海道から社会を変えていきたい」と締めくくりました。

また、『北海道日本ハムファイターズ ものづくりから「Sports Community」を』と題し、(株)北海道日本ハムファイターズ事業統轄本部のマーチャンダイジンググループ・山口剛による講演も行われました。

講演後に行われた交流会では、札幌ドームで福岡ソフトバンクホークスの戦を観戦。試合を観戦しながら、参加者の皆様との交流を楽しみました。

今後も新たな夢への挑戦の源泉である人材育成・開発を推進してまいります。

共催 (株)北海道日本ハムファイターズ 北海道テレビ放送(株)