• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2022/04/23(土)

コミュニティ

「ダイヤモンド・ブラッシュ」プロジェクト 江別・えみくる少年野球場で完成記念セレモニーを開催

北海道日本ハムファイターズでは北海道内の子どもたちが安全で快適にプレーできる環境を整えるため、「ファイターズ基金」から工費の一部を寄付し、自治体や球場管理団体、施設利用者、地元企業などと共同で少年野球場を修繕、整備していく「ダイヤモンド・ブラッシュ」プロジェクトを2019年に立ち上げました。
2021年度の対象球場の一つに選定していた北海道江別市のえみくる少年野球場の改修が昨年12月に完工し、雪どけを待って4月23日(土)に完成セレモニーが開かれました。計画を推進した江別市の三好昇市長をはじめ、北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀GM兼スポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)のほか、プロジェクトに多大なご協力をいただいた江別市少年野球連盟や協賛企業の皆さま、連盟所属の10チームが出席。テープカットや記念撮影などで完成を祝いました。

完成セレモニー01

完成セレモニー02

江別市では1982年から利用されてきたはやぶさ運動広場内の少年野球場(江別市大麻北町)が、利用年月の経過とともに施設の老朽化による破損や腐食が顕著になっていました。また時代の流れにより隣接地に住宅や介護施設が建設され、子どもたちが伸び伸びとプレーできる環境の確保が課題になっていました。前球場は両翼61メートル、中堅68メートルでしたが、新球場は両翼70メートル、中堅85メートルに拡大。移転先になった「えみくる」は都市と農村の交流を促進し、賑わいを創出することを目的とした施設で、三好市長は「様々な活用方法を生かし、子どもたちや市民が友情、交流を深める場、そして少年野球の聖地になってくれることを期待しています」と述べられました。

完成セレモニー03

完成セレモニー04

完成セレモニー05

完成セレモニー06

完成セレモニー07

完成セレモニー08

本プロジェクトスポンサーの株式会社鈴木商会様には、えみくる敷地内にあった旧中学校の官舎の撤去、改修作業時に必要なマスクと軍手のご提供、プロジェクトサプライヤーの株式会社カナテック様より、本部席用のユニットハウスとトイレをご提供いただきました。また、改修作業や資金面で各団体・企業様、チーム関係者・保護者の皆様に多大なるご支援ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。こけら落としの市長旗杯で始球式を務めた稲葉GM兼SCOは「多くの方のご協力があってこのプロジェクトが少しずつ広がっている。プレーする子たちには感謝の気持ちを忘れず、プロ野球、ファイターズに入ることを目指してもらえたら」と話しました。実際にプレーした大麻チャイルズの三浦佳人主将は「グラウンドがふかふかしていてプレーしやすい。この球場の1号本塁打を打てるよう頑張ります」と意気込んでいました。

【改修作業】(2021年11月)

改修作業01

改修作業02

改修作業03