• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2020/06/15(月)

コミュニティ

北広島市立広葉中学校で田中賢介SAによるキャリア授業を実施

北海道日本ハムファイターズの田中賢介スペシャル・アドバイザー(SA)が6月15日(月)、北広島市と結ぶパートナー協定に基づく連携事業の一環として、広葉中学校でキャリア教育授業を行ないました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中学1,2年生はオンラインでの参加となりましたが、全校生徒181名が、咋シーズンまでプロ野球界の第一線で活躍した田中賢介SAの言葉に、真剣に耳を傾けました。

キャリア授業の様子1

キャリア授業の様子2

球団の経営理念「Challenge with Dream」をテーマに、自らの経験を振り返りながら挑戦することの大切さを伝えました。現役時代、反対する声もあった中、挑んだMLB。「無謀な挑戦だったし失敗だったかもしれないけど、挑戦しなければできない経験がたくさんあった」と振り返りました。また、ソクラテスの「無知の知」を紹介。知らないことを知ることがスタートだとし、「色々なことに興味を持ってやってみてほしい」と挑戦する意義を訴えました。

先日、小学校設立を発表し、教育に力を入れる田中SAは「ドンマイドンマイではなくナイストライと言ってくれて、トライすることを褒めてくれた」と米国での経験を紹介し、「人間は大人になるにつれて失敗しないように生きていくが、人生何が起こるか分からないし、自分の限界を決めずに色々なことに挑戦していってほしい」と無限の可能性を伝えました。