• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2015/07/04(土)

コミュニティ

「選手会プロデュース絵本」制作レポート

北海道日本ハムファイターズではファイターズ読書推進全道キャンペーン「グラブを本に持ちかえて」の活動の一環として選手会を中心とした絵本の制作を進めており、過程の一部を紹介いたします。

5月15日(金)に札幌ドームで大野奨太選手会長をはじめ中島卓選手、増井投手、鍵谷投手、吉川投手の選手会役員5名が集まり絵本の内容を決めるための打ち合わせを実施しました。絵本の舞台は「動物の野球チーム」。このチームは今のファイターズの選手をイメージした動物が登場する設定で、大谷投手は大きいから「キリン」、中田選手はパワーがすごいから「ゴリラ」という様に次々と選手のイメージを動物に置き換えていきます。

その会議で決まった内容を作画担当の堀川真氏が絵本に登場する動物に書き換えます。選手が実際に使用している道具の色など細部まで再現し、随所にその選手らしさが溢れるキャラクターが完成しました。

この絵本は12月の発売を目指し、今後も選手のアイディアを盛り込み制作を続けていきます。制作状況は球団公式ホームページ等で随時お知らせいたします。