• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2022/05/20(金)

コミュニティイベント

道総研×ファイターズ<B・Bといっしょにのぞいてみよう ヒグマのくらし>参加者募集

北海道日本ハムファイターズは、企業理念の“Sports Community”の実現のため行うSC活動(社会貢献活動)≪EZOlogical(エゾロジカル)≫の一環として、北海道立総合研究機構(道総研)と協働でセミナー<B・Bといっしょにのぞいてみよう ヒグマのくらし>を6月18日(土)に開催いたします。

≪EZOlogical(エゾロジカル)≫では2021年2月、<B・Bと学ぶクマ授業 with 知床財団>を開催し好評を博しました。今回は「クマ授業」第2弾として、北海道の様々な分野に関する研究、調査、開発支援等を行う道総研が開催するセミナーにB・Bが参加。遠いようで近いヒグマの生態を知り、ヒグマと人間とのディスタンスのとり方、双方の暮らしを守るために何ができるのかを、ヒグマの生活を探るのが大好きな道総研の研究員がわかりやすく解説し、B・Bと一緒に楽しく学んでいきます。

クマ授業の様子01

クマ授業の様子02


【EZOlogical(エゾロジカル)とは・・・】

キタキツネ(フレップ)・エゾリス(ポリー)・クマ(B・B)と3つの異なる種類がファイターズのマスコットとなっていることが象徴するように、北海道には多様な動植物が生息し、豊かな生態系を形成しています。一方で、私たち人間の生活様式が及ぼす影響はこの北海道の自然においても例外ではなく、動植物と人間の間には色々な問題が潜んでおり、それらの問題は、私たちの食、観光資源としての自然など、私たち自身や次の世代に返ってきます。そこで、このマスコット3体が立ち上がり、自然の動植物との共存や環境問題の啓蒙活動、保護活動などを行っています。

EZOlogical


【概要】

■日時

2022年6月18日(土)13:30~14:45

■場所

紀伊國屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
(住所 : 札幌市中央区北5条西5-7 sapporo55)

■講演者

道総研 エネルギー・環境・地質研究所 研究職員 白根ゆり氏

■対象

小学校3~6年生、およびその保護者 

■定員

50名(保護者含む)

■締切

6月5日(日) 定員に達し次第終了

■参加費

無料

■お問合わせ

※当日の取材は申込が必要です。以下にお問合わせください
地方独立行政法人北海道立総合研究機構 研究戦略部 連携広報G 川上様・窪田様
TEL : 011-747-2900
FAX : 011-747-0211
Mail : hq-entry@hro.or.jp