• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2022/03/18(金)

ニュースリリース

ホクレン農業協同組合連合会がファイターズに北海道産農畜産物を贈呈

北海道日本ハムファイターズでは、3月18日(金)にホクレン農業協同組合連合会より、まもなく開幕の船出を迎えるファイターズ選手・監督・コーチ・関係者へ向け、北海道産農畜産物を贈呈いただきました。札幌ドームで行われた贈呈式には、ファイターズからは BIGBOSS新庄剛志監督が出席。ホクレン農業協同組合連合会代表理事副会長 畠山 良一様より、北海道米ゆめぴりか250kg、北海道産牛乳 240ℓ、北海道産牛肉30kgなどを受け取りました。
北海道の大地で育った農畜産物でファイターズにパワーをみなぎらせ、ファイターズの船出はいよいよです。

贈呈式の様子1

贈呈式の様子2

贈呈式の様子3

贈呈式の様子4

■新庄監督コメント

新庄監督

たくさんの農畜産物、ありがとうございます。
僕は最近、スーパーで食べ物を買うとき、「北海道」ってついた商品を選んで買ってるんですよ。お米もこれで、めちゃくちゃ北海道米おいしいですよね。
農家の人たちにもたくさんファイターズ戦を観戦に来て頂きたいところですけど、農家の皆さんは、自然という相手と向き合って、戦って、1日1日勝負して、秋の収穫を迎えるのだと思います。球場に来られなくても、ファイターズが全力で戦う姿を、テレビでもラジオでも新聞でもインターネットでも、ぜひ見て聞いていただいて、少しでも農家の皆さんの戦いの力になればいいなと思います。今日も最高に楽しい試合をお見せしたい!
農家の皆さんも楽しんでください。ありがとうございました。

■ホクレン農業協同組合連合会代表理事副会長 畠山 良一様 コメント

ホクレンは、2006年からオフィシャルスポンサーとして、食育活動をはじめきれいな水を守る環境活動など、北海道を盛り上げお互いに成長発展するための相互協力を実施してまいりました。北海道農業の情勢は新型コロナの影響により、業務用需要の低下や、お米、精肉、乳製品、野菜その他さまざまな農畜産物の消費が落ち込んでいる状況です。特に生乳の消費低下が著しく、学校給食の停止などの影響もあり、生乳が余ってしまう危機的状況となっています。この危機的状況を、ファイターズとともに打開するべく、この贈呈を実施させていただきました。ファイターズに北海道の農畜産物をたくさん食べて飲んでいただき、チームのパワーに変えていただくことで、北海道の農畜産物のアピールにつながれば最高です。
新庄監督には北海道はもちろん、全国のファイターズファンをはじめ、全野球ファンが注目しています。ぜひ今年は新庄監督らしい楽しい野球を見せていただきたいと思います。がんばってください!

■贈呈品目

  • 北海道米ゆめぴりか 250kg
  • 北海道産牛乳 240ℓ
  • 北海道産牛肉 30kg