• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2021/03/25(木)

チーム

5年ぶりの頂点を目指し、楽天生命パークで前日練習

北海道日本ハムファイターズは東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕戦を翌日に控えた3月25日(木)、楽天生命パークで全体練習を行いました。選手たちは約2時間半、打撃練習や守備練習にじっくりと取り組みました。その表情には不安な様子はなく、仕上がりの良さを感じさせました。

アップする選手たち

中田翔選手

野手陣はバッティングで快音を響かせたほか、それぞれのポジションで入念にノックを受けていました。昨シーズンは新型コロナウイルスの影響で無観客での開幕戦でしたが、今シーズンは2年ぶりに有観客で開催。中田翔選手は「(無観客試合を経験して)ファンの応援の大きさを改めて感じました。ファンが球場で応援してくれることはホームはもちろん、ビジターでも心強い。ファンを喜ばせることができるよう全力で戦いますし、チーム一丸となってシーズンを戦い抜きたい」と力強く誓いました。昨シーズン、開幕戦にスタメン出場したプロ3年目の野村佑希選手は「昨シーズンの経験もあるし、シーズン開幕が楽しみ」と言い、「打つこと以外でも、走塁や守備も下手なりに一生懸命やって、何かチームの勝利に貢献できるよう頑張りたいです」と話していました。

栗山英樹監督から絶対的な信頼を受けて開幕投手を託された上沢直之投手も万全の状態で開幕を迎えます。上沢投手は「しっかりと準備できました。ランナーを出しても粘り強く投げたい。チームが1年間勢いづけるような試合にしたいです」と2年ぶりの大役を前に冷静に意気込みを語りました。開幕を初めて一軍で迎える若手投手たちも充実した表情で練習に臨んでおり、チームを活性化させてくれそうです。

マウンドを確認する上沢投手

栗山監督と池田投手

2021年シーズンのチームスローガンは「01karat~イチカラ~」。10年目のシーズン開幕を迎える栗山監督は野手には「全力疾走」、投手には「相手打者に強い気持ちで攻めること」を徹底するよう改めて伝え、スローガンに込められた「原点に立ち返って1プレーに全力を尽くすこと」を求めました。コロナ禍の中、「野球ができることをありがたいと思えば思うほど、まだまだ苦しんでいる人も多くいるということを感じる。選手たちには感謝の気持ちをその姿で見せてほしい」と語りました。ファンの方たちと一喜一憂しながら、最後は一緒に笑い合えるようにー。栗山監督をはじめチーム全員が抱く思いを体現すべく、5年ぶりの頂点を目指す戦いに挑みます。