• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2021/01/25(月)

コミュニティ

応援大使ご当地給食を10市町村で実施

2020年「北海道179市町村応援大使」

2020年「北海道179市町村応援大使」が就任した18市町村のうち、当別町、真狩村、寿都町、美唄市、占冠村、斜里町、置戸町、伊達市、大樹町、豊頃町の10市町村で応援大使にまつわる献立を学校給食に提供していただきました。メニューを考案していただくにあたり、事前に選手に対して食にまつわるアンケートを実施。「給食に採り入れてもらいたいご当地グルメ・好きだった献立」「今意識して摂取している食べ物」「苦手を克服した食材」といった質問項目の回答を自治体側に提供し、昨年10月から12月にかけてそれぞれの市町村で児童・生徒の皆さんに味わっていただきました。

当別町(王柏融選手淺間大基選手玉井大翔投手

■実施日

10月13日(火)・14日(水)

■献立

10月13日/台湾風ラーメン・牛乳・きなこ揚げパン・きのこソテー
10月14日/ほたてカレー・牛乳・ピーマンのイタリアンサラダ・マンゴー白玉

■市町村給食センターからのコメント

3選手の「好きだった献立や出身地の名産品などを参考に給食メニューを考案しました。2日間実施をし、どちらのメニューも好評でした。特に印象的だったのは、子どもたちが積極的に野菜を食べてくれた事です。憧れのファイターズの選手が答えたアンケートに基づいたメニューであったこともあり、子どもたちにとっても好き嫌いをせずバランスよく食べることの大切さを学ぶことのできるいい機会になったと思います。

■実施校

小学校2校、中学校2校(計1,917食)

当別町給食01

当別町給食02

当別町給食03

真狩村(有原航平投手石井一成選手

■実施日

11月19日(木)・20日(金)

■献立

11月19日/菜飯・小松菜のみそ汁・鶏肉のレモン揚げ・キャベツのサラダ・牛乳
11月20日/和風ハンバーグ・きんぴらごぼう・ごはん・かんぴょうの卵とじ汁・いちごゼリー・牛乳

■市町村給食センターからのコメント

19日は、有原投手のアンケートを参考に20日は石井選手のアンケートを参考に献立を考案しました。子どもたちは、かんぴょうを初めてみそ汁の具で食べるので、残さないか心配でしたが、「おいしい!」「どうやって作るの?」など残さず食べてくれて安心しました。また、野球少年団の子どもたちが特に喜んでいて、「これは選手が好きだったメニュー?」、「レモンは広島県産?」など質問が多かったです。また両日の給食の様子を皆さんに紹介したところ、大きな反響もあり、ファイターズ給食への関心の高さが伺えました。応援大使の選手を通じて、北海道とは異なる食文化を知るいい機会となりました。

■実施校

小学校2校、中学校1校、高校1校(計580食)

真狩村給食01

真狩村給食02

真狩村給食03

寿都町(大田泰示選手宇佐見真吾選手

■実施日

10月16日(金)・27日(火)・30日(金)

■献立

10月16日/エビフライ・カレーライス・ほうれん草のソテー・梨
10月27日/きなこの揚げパン・ほうれん草とコーンのサラダ・牛乳・ABCスープ・プレーンオムレツ
10月30日/エビフライカレー・牛乳・福神漬け・柿

■市町村給食センターからのコメント

保育園児から高校生の皆さんに2人の選手が思い出に残る給食を食べてもらう為に、献立を考案しました。大田選手の思い出の給食であるエビフライカレーは子どもたちからも人気のある献立の1つで、宇佐見選手の思い出の給食であるきなこ揚げパンは、なかなか作る事を躊躇していましたが、以前から要望も多く、今回この機会に献立に合わせて栄養バランスを整えながら提供をさせていただきました。
今回の実施を通して子どもたちの思い出にも残り、健康で丈夫な身体作りのきっかけになればと思います。

■実施校

小学校2校、中学校1校、高校1校、保育園1園(計394食)

寿都町給食01

寿都町給食02

美唄市(西川遥輝選手平沼翔太選手

■実施日

10月29日(木)・11月24日(火)・25日(水)

■献立

10月29日/梅ごはん・いもとわかめのみそ汁・ささみフライ・ほうれん草のしらずあえ・牛乳
11月24日/チキンカツカレー・ドレッシングあえ・牛乳
11月25日/焼きそば・背割りコッペパン・ボイルウインナー・枝豆サラダ・牛乳

■市町村給食センターからのコメント

応援大使関連の学校給食を3回実施いたしました。1回目は西川選手のアンケート、2回目は平沼選手のアンケート、3回目は両選手のアンケートにあった食材をメインに献立を考えました。ランチシートも作成をし、シートに給食を乗せるのがもったいない」と言いながら、「かっこいい」とシートを眺めて給食を食べている子どもや、また野球選手を意識して、しっかり食べようとする子どもの姿が印象的でした。
また今回の取組は、楽しい食事の機会になったとともに、西川選手、平沼選手のように身体のことを考えてバランス良く食事をすることの大切さを学び、食について関心を持つ良い機会となりました

■実施校

小学校3校、中学校3校(計1,041食)

美唄市給食01

美唄市給食02

美唄市給食03

占冠村(鶴岡慎也選手兼バッテリーコーチ堀瑞輝投手

■実施日

12月9日(水)

■献立

広島お好み丼・鹿児島県産黒豚コロッケ・ご飯・牛乳・きのこのみそ汁

■市町村給食センターからのコメント

応援大使選手の給食アンケートから、給食にいれてほしいメニューの1つとして回答のあった、両選手出身地の特産品(黒豚・お好み焼き)と占冠村の食材が入るよう工夫をして考案しました。子どもたちには、応援大使からのメッセージとして「食の大切さと生産者への感謝の気持ち」をこの企画を通して伝えることができました。

■実施校

小学校14校、中学校7校、小中併地校1校(計2,309食)

占冠村給食01

占冠村給食02

占冠村給食03

斜里町(谷口雄也選手杉浦稔大投手

■実施日

12月4日(金)

■献立

カレーライス・キャベツとわかめのサラダ・牛乳

■市町村給食センターからのコメント

杉浦投手の大好きだった給食メニューと谷口選手が身体をつくるために意識して食べているという食材を合わせて献立を考案しました。カレーライスの具材は、すべて斜里町産のものを使用し、子どもたちに地元の食材をふんだんに使ったカレーライスを喜んで食べてもらう事ができました。また、選手たちの好きだったものや、身体をつくるために意識していることを知ることで、子どもたちに良い刺激が与えられ、食の大切や楽しさを感じられるいい機会となりました。

■実施校

小学校2校、中学校2校、小中併地校1校、保育所4園(計1,041食)

斜里町給食01

斜里町給食02

置戸町(中田翔選手清水優心選手

■実施日

11月17日(火)・19日(木)

■献立

11月17日/もぶりご飯・お好み焼き・呉汁
11月19日/卵うどん・じゃがいか炒め・パイン缶詰

■市町村給食センターからのコメント

両選手の好きだった給食メニューや出身地の郷土料理などをなるべく取り入れ、さらに置戸町産野菜をたくさん取り入れられるように献立を考えました。実施日には「両選手のように強くなれるよ~」と先生方のお声がけには、子どもたちの反応がとてもよく、いつもよりモリモリ食べてくれる子どもや活躍する選手にゆかりのあるメニューということで、苦手な食材も頑張って食べている姿も伺えました。
また、実施に合わせて作成をした、ミニハンカチも好評で、大事に持って帰る子どもも多く見られました。今回このような企画に参加をし、子どもたちには、丈夫な身体を作る為に好き、嫌いなく食べることの大切さ伝えることできました。また給食を通して応援大使の選手を身近に感じるとともに、コロナ渦でイベントや行事が少なくなっている中で一時の楽しみと賑わいを味わうことができました。

■実施校

小学校1校、中学校1校、高校1校(計193食)

置戸町給食01

置戸町給食02

置戸町給食03

伊達市(中島卓也選手松本剛選手

■実施日

11月18日(水)・12月9日(水)

■献立

11月18日/茹でラーメン・スペシャルとんこつラーメン・ファイターズ応援揚げパン・みかん・牛乳
12月9日/かてめし・鋳物汁・鶏のからあげ・彩り野菜のサラダ・牛乳

■市町村給食センターからのコメント

学校給食のスペシャル感を出すため、当日までに揚げパンや選手の郷土料理の試作などをしながら、新メニューを無事に提供することができました。また当日は、特性ランチョンマットを敷いて食べていただいたので、いつもとは違う特別感を味わっていただけと思っております。
ご当地給食を通して、応援大使の選手を身近に感じる事ができ、学校給食の残食が多いことが課題になっている点についても応援大使ご当地給食を実施する事により、子どもたちが学校給食に興味を持ってもらえるいい機会にもなりましたし、他の地域の食文化にも触れる事ができるいい機会となりました。

■実施校

小学校9校、中学校4校、小中併地校1校(計5,482食)

伊達市給食01

伊達市給食02

伊達市給食03

大樹町(ニック・マルティネス投手村田透投手石川直也投手

■実施日

11月13日(金)

■献立

水なすとトマト入りビーフカレー・りんご・牛乳

■市町村給食センターからのコメント

3選手のアンケートを基に献立を考えました。
新型コロナウィルスが猛威を振るう最中であっても、今回のイベントを通して、子どもたちがファイターズの選手のように心身ともに元気で困難があっても克服できる強い人に育つよう願う力強いメッセージになりました。ありがとうございました。

■実施校

小学校1校、中学校1校、高校1校(計576食)

大樹町給食01

大樹町給食02

豊頃町(金子弌大投手西村天裕投手

■実施日

10月21日(水)・28日(水)

■献立

10月21日/牛肉じゃが・ごはん・みそ汁・牛乳
10月28日/れんこん入りカレー・ラフランスヨーグルト和え・牛乳

■市町村給食センターからのコメント

10月21日は、西村投手ご当地メニュー、10月28日は、金子投手ご当地メニューを考案し、子どもたちに提供をいたしました。肉じゃがのお肉が牛肉ということで食べ慣れていないこともあり、戸惑う子や、れんこん入りカレーのれんこんの食感を楽しみながら食べている子など、様々な反応はありましたが、両日とも、みんながたくさん、おいしく食べてくれてよかったです。また子どもたちにとっても他の地域の特産物に触れることができ、家では食べられない食材を取り入れることによって、食育にもつながり、色々な事を知るいい機会になったと思います。

■実施校

小学校2校、中学校1校、保育所2園(計239食)

豊頃町給食01

豊頃町給食02

豊頃町給食03