• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2020/10/04(日)

コミュニティ

「ふぁい田!ATSUMAプロジェクト」厚真町で稲刈りを体験

ふぁい田!ATSUMAプロジェクト

北海道日本ハムファイターズでは、一昨年9月の北海道胆振東部地震で被災した厚真町の復興を後押ししようと、同町が行っている「田んぼのオーナー」制度を活用した「ふぁい田!ATSUMAプロジェクト」を昨年に引き続き実施しました。10月4日(日)は球団募集枠に応募されたご家族と球団職員ら約40人が参加し、黄金色に実った北海道を代表する高品質米「ななつぼし」の稲刈りを行いました。

稲刈り体験の様子01

稲刈り体験の様子02

稲刈り体験の様子03

今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で春の種まきや田植え体験会を中止。農園を保有する高橋宥悦さんご家族に管理を任せ、夏場の気温が高かったことや適度に雨も振り、ここまで順調に生育してきました。参加した皆さんは普段使う機会の少ない鎌で収穫していく作業でしたが、次第に慣れていくと手際よく刈れるようになり、予定区画を50分ほどで完了。高橋さんは「特別な一年でしたが、無事この日を迎えることができてよかったです。気候に恵まれ、いいお米に仕上がったと思います」と話していました。

稲刈り体験の様子04

稲刈り体験の様子05

稲刈り体験の様子06

収穫したお米は数週間ほどで参加した方全員のご自宅に届けられるほか、今後は新千歳空港の「FIGHTERS DINING ROSTER ~DELI&ROAST~」のほか、北海道内各市町村や様々な事業体と「地域密着」「地産地消」をテーマに連携している「センチュリーロイヤルホテル」(札幌市中央区)との協同企画として、復興支援レストランメニューに使用する予定です。

集合写真

上厚真小の児童も稲刈り体験

「ふぁい田!ATSUMAプロジェクト」には昨年に引き続き、食育学習の一環として厚真町立上厚真小学校の5年生13名が参加し、稲刈りを体験しました。

稲刈り体験の様子07

稲刈り体験の様子08

稲刈り体験の様子09

経験のない児童が大半でしたが、高橋さんのご指導を受けて、次第に慣れていくと手際よく刈れるようになり、脱穀とあわせて1時間ほど作業を行いました。今後は地元の野菜などを使った「上厚真弁当」を考案し、役場職員向けなど町内で販売する体験学習を行う予定です。

稲刈り体験の様子10

稲刈り体験の様子11

稲刈り体験の様子12

ふぁい田!ATSUMAプロジェクト