• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2020/01/18(土)

チーム

<ニッポンハムグループ展示会にファイターズが参加>

北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督はじめ、コーチングスタッフと選手の計82人が1月18日(土)、千葉県内で開催されたニッポンハムグループ展示会に参加しました。

展示会の様子01

展示会の様子02

オープニングセレモニーでは一人ずつアナウンスに導かれてステージに登壇。栗山監督は「今シーズンが素晴らしい1年になるように頑張ります。昨年あれだけ悔しい思いをして、選手たちはその悔しさを晴らすためトレーニングしています。シーズン最後にみんなで喜び合えるようにするため、チーム全員で頑張っていきます」と力を込めて挨拶しました。その後、コーチや選手たちは会場内の皆様から寄せられた質問に答えました。その中で、新しく就任した小笠原道大ヘッドコーチ兼打撃コーチは「鍛えたい選手は」との質問に、「20歳前後の選手が力をつければ勝利につながる。全員がチームの戦力になるように鍛えていきます」ときっぱりと語りました。最後に中島卓也選手会長が「2020年は特別な年。この中から一人でも多くの選手が東京五輪に出られるように頑張ります。そして、リーグ優勝、日本一を目指していきますので、よろしくお願いします」と挨拶し、ステージイベントを締めくくりました。

展示会の様子03

展示会の様子04

ステージイベント後、新人10選手が会場内を回って、ファンの方々に挨拶したほか、商品展示ブースの前で栗山監督と記念撮影を行いました。ドラフト1位の河野竜生投手は「今日初めて会う先輩たちもいました。みなさん体が大きくてオーラを感じました。これから一緒に練習する中で、技術やメンタル面で聞いてみたいことがたくさんある。2月にキャンプインしてユニフォームを着たら、改めてプロになった実感が沸くと思う。気を引き締めて練習していきたいです」と初々しい表情で話していました。
また、栗山監督から新キャプテンに任命された西川遥輝選手は「個人としてはバッティングはもちろん、走塁面も今一度見直していきたい。チームとしては全員がけがなくキャンプに入り、強いチームになれるよう精進していきます」と新たなシーズンにかける意気込みを語りました。