• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2019/11/01(金)

チーム

中島卓也選手が国内FA権を行使せず残留

北海道日本ハムファイターズでは11月1日(金)、国内フリーエージェント(FA)権を保有している中島卓也選手と契約合意に達しました。中島卓選手は千葉県鎌ケ谷市の球団施設で会見を開き、国内FA権を行使せず、残留することを表明しました。

中島卓也選手

中島卓選手は会見の冒頭で、FA権を行使せずチームに残留することを宣言。「これまで考えて悩んだので、まずはほっとした。気持ち的に楽になりました」と現在の心境を語り、すっきりとした表情を見せました。
盗塁王やベストナインなどのタイトルを獲得した経験を持つ中島卓選手は「入団してこの世界でやっていけるかどうか微妙な所から、ここまで育ててくれた球団、監督、コーチ、チームメート、ファンの皆様に感謝しています」と率直な思いを口にしました。今シーズン取得した権利を行使するかどうか悩んだ時期も長かったと言いますが、最終的には「球団や周囲の方々から『残ってほしい』という言葉をもらって素直にうれしい気持ちだった」と残留の決め手を語りました。

プロの世界に入り、ファイターズのユニフォームを着て11年。「選手がやりやすい環境をつくってくれる」とチームに愛着を示し、さらに「今季は思うようなプレーができず責任を感じている。もう一度レギュラーになって、優勝に貢献したい。もう一度このチームで優勝したい気持ちがあった。それも残留につながった」と選手会長らしく力強く話しました。

「北海道のファン、ファイターズファンの声援や温かい気持ちを本当に感じている」。期待を寄せてくれる人々への思いに応えるために残留を決断し、優勝への思いを熱く語った中島卓選手。来シーズン、新たな気持ちで頂点を目指します。