• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2018/12/25(火)

チーム

田中賢介選手が2019年シーズン限りでの引退を表明

北海道日本ハムファイターズの田中賢介選手が12月25日(火)、札幌市の球団事務所で会見を行い、2019年シーズン終了後に、現役を引退することを表明いたしました。また、田中賢選手が来季の契約を更改しましたことも併せてお知らせいたします。

会見の冒頭で、田中賢選手は「2019年シーズンをもって引退します。これまでたくさんの方に支えられ、育てていただきました。本当に感謝しかありません。最後の1年、自分ができることは何でもやろうと思っています。ファイターズが日本一になれるように最後の1球まで野球選手として全力で頑張っていきます。最後の1年になりますが全力で頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします」とこれまでの思いをかみしめながら話しました。
新たなシーズンへ向けて、「これまではプロ野球選手として、勝負の世界で生きてきて、自分のプレーに集中することが多かった。今後は若手のサポートや、いろいろなことを伝えていきたい。チームが勝つためにやれることをすべてやりたい」と力を込めました。
引退を決断した理由を「今までプロとしてやってきて、自分ができると思っていることと、できることのギャップが大きくなってきたことが一番。トータルで判断して来季が最後でいいかなと思った」と説明しました。
「日本一が目標。優勝パレードの先頭の車に乗ってみなさんに手を振ることができたら最高です」と、現役最後のシーズンへ向けた抱負を清々しい表情で語りました。