• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2010/10/15(金)

【#79】31人分の幸せ

 皆さんお久し振りです。このコラムも随分と間が空いちゃいましたね…。途中何度も書こうと試みてはいたんですが、結局忙しさに流され続けて今に至ってしまいました(^^;)。
 今年は図らずも「秋」の訪れが早くなってしまいましたが、僕はこの時間を利用して、今いろんな事を考えながら日々過ごしてます。今シーズンもいろいろありましたが、今回と次回は、シーズン中に書こうと思って書けなかった事をお話ししていこうと思います。いささかタイミングを逸してしまっている部分もありますが、そこはご勘弁を――。

 さて、今回は「B・Bシート」についてのお話。
 「B・Bシート」とは――札幌ドームの一塁側スタンドに30席設けた指定席で、そこのチケットを購入していただくと、B・Bが試合中必ずお席の皆さんに会いに行きますよ、という場所のことです。このB・Bシートに、今年はちょっとした「異変」がありました。
 B・Bシートは2006年から始めて今年で5年目になるんですが、実を言うと年々売れ行きがちょっとずつ落ちてきてたんです。「そろそろ飽きられちゃったかなぁ…」なんて不安もあったんですが、今年は驚いたことに、なんとほぼ毎試合30席満席!平日でも25席を下回った試合はほとんどなかった。最初は正直ちょっと意外だったんですが、その理由はすぐ判明しました。どうやら、今年からオンラインで当日でも気軽に買えるシステムに変えたのが大きかったみたいなんです。

 このB・Bシート、僕はいつも試合が始まって30分後くらいからお邪魔して、試合前半部分の大半をそこで皆さんとふれ合いながら過ごす訳なんですが、客層はやはりお子さん連れの家族とか女性とかが多いですね。もちろんどんな方でもウェルカムですし、普段のグリーティングでは緊張してなかなか声を掛けられない、なんて方はここを利用していただくといいかもしれません。
 単に席を廻ってグリーティングするだけでなく、より楽しんでもらえるような仕掛けも用意してます。たとえばカードのプレゼント。B・Bシート用のオリジナルカードを皆さんにお渡しするんですが、カードは全部で10種類用意して、一人ひとり抽選箱から引いてもらうようにしてます。どのカードが出るか引いてみないとわからないんで、10種類全部コンプリートするまで来たい!ってリピーター心がくすぐられるんじゃないかなぁ、と。更に1日1枚限定で「プレミアカード」という当たりのカードが入ってて、これを引いた人には抽選で僕の実際に着ていたユニフォームとか、僕が当選者のお宅を訪問しちゃう「お宅訪問権」とかが当たるキャンペーンもしたり――と、ちょっとしたゲーム感覚も取り入れたりしてます。僕が席にいる2回~4回ぐらいの間って結構試合が動く事が多いんですが、グリーティング中にファイターズに点が入ったりすると一緒に喜んだり…いつも楽しい雰囲気の中でやってますね(^^)。
 そんなところが気に入ってもらえてるのか、中には年に10回以上来てくれるようなリピーターの方もいらっしゃいます。あと最近は、お友達や家族の誕生日プレゼントとしてここを利用してくれる人がたくさんいるのが嬉しいですね。そういう「特別な時間」をファイターズの野球観戦に費やしてくれて、しかもB・Bシートで僕と過ごす事を選んでくれる――僕にとって、こんな嬉しい事はないんです♪
 そうそう、B・Bシートではお手紙をいただく事も多いんですが、今年もらった中でスゴく嬉しい手紙があったんですよ。時々僕のところに会いに来てくれる小さな女の子がいるんですけど、そのお母さんからの手紙です。――その子は僕に会いたくて、家の手伝いを進んでしてくれる。一回お手伝いするごとに10円のお小遣いをもらって、B・Bシートに来るお金を貯めようと貯金箱に入れてるんですよ――と。イイ話じゃないですか…読んでて思わず泣きそうになっちゃいましたよ。ここに来てくれる30人の方に、それぞれの人生がある。限られた時間ではあるけれど、このB・Bシートという場所で毎試合30人+僕、つまり31人分の「幸せな時間」を作っていけたらいいなぁ…というのが、僕の願いですね。

 ただこのB・Bシート、正直今でも「これでいいのかなぁ…?」って迷いもいろいろ抱えてるんです。
 僕が席にいるのは、たとえば6時試合開始のナイターだったら、大体6時半から7時過ぎまでの40~45分間程度。実はこの間、僕は心中メチャメチャ焦りながら席を廻ってるんです。試合が普通のペースであれば4回途中くらいには全員廻り終えるはずなんですけど、例えば投手戦の展開になったりして試合進行が異常に速いと、5回くらいまでズレ込んじゃう時が時々あるんですよ。5回が終わると僕は「YMCA」でグラウンドに出て踊る事になってるんで、「間に合わない!」って(^^;)。最悪間に合わない場合は、そのままB・BシートでYMCA踊っちゃった時も1~2回ありますが…(笑)。それはそれで、みんなで盛り上がれて良いんですけどね。
 まぁYMCAはそれでよしとしても、焦るもう一つの理由は、グリーティングの時間をB・Bシートだけに費やす訳にもいかないから。試合前半、グリーティングに充てられる時間は通常1時間強。理想は、そのうち半分をB・Bシートに、そして残り半分は一般のお客さんとのフリーなグリーティングに割り当てたいんですよね。でもそうすると、B・Bシートで過ごせる時間は、単純計算で1人当たり1分ずつくらいしか取れなくなってしまう。最初試してはみたんですが、一人ひとりときちんと「向き合う」時間を作ろうとすると、そのペースではちょっとムリなんです。するとその分、他のお客さんとフリーにふれ合える時間が削られていってしまう訳で…。B・Bシートの皆さんとは優先的にふれ合いたい、けどB・Bシートのお客さんだけがファンじゃない――今年は特に、そのジレンマに悩まされました。
 内容的な部分でも、本当にこれだけでみんなに満足してもらえてるんだろうか?…って事はよく考えます。
慣れてる方だと色々「会話」も弾むんですけど、やっぱり初めての人やシャイな方だと、一緒に写真を撮って、サインをして…ってルーティンだけで終わってしまう場合が結構多いんで、これで本当に楽しんでもらえてるのか、不安になるんですよね。B・Bシートの場合は特に、チケット料金がかかってるんで責任感じますよ。まぁ楽しさの感じ方は人それぞれなので、これでチケット代\2,200分の価値を感じてもらえればいいんですが…B・Bシートを利用されてる皆さん、満足いただけてますか?

 今年は売れ行きも好調だったし、おそらくB・Bシートは来年も問題なく継続する事になると思います。「なかなかチケットが取れない」というご意見もいただきますが、中身のクオリティを下げたくはないので、これ以上席は増やせないですね。逆に20席くらいまで席数を減らした方が、一人ひとりときちんとふれ合う為にはいいのかも…なんて思っちゃうくらいで。まぁ採算の問題もあるので、おそらく30席のまま続けるとは思うんですが。でも思い起こせば、B・Bシートを始めた最初の年は1日50席で設定してたんですよね。今考えると、50席もよく対応出来てたなぁ…と思います(^^;)。
 僕の中の将来的なイメージとしては、本当は今みたいな窮屈な普通の座席ではなくて、もっとゆったりとしたスペースで、自由な雰囲気の中でB・Bシートが展開出来たらいいな、と思うんですよね。たとえば以前あった「B・B’s Room」みたいなスペースを、ドーム内のどこか見晴らしの良い場所に常設して、そこをB・Bシートとしても利用するとか。B・Bシートは元々、ディズニーランドの「ミッキーの部屋」から発想のヒントを得たんですが、あんな感じのスペースの野球版が作れたら、もっともっと楽しい雰囲気になるでしょうね。なかなか現実的には難しいのかもしれませんが…。
 でも本当は、わざわざこういう座席を作らなくても、全てのファンとこういった形でふれ合えるのが理想なんです。ある意味、球場全体が「B・Bシート」であったら…と。ファンが増えるのは喜ばしいけれど、その分なかなか一人ひとりとじっくりふれ合えなくなる――世の中、なかなか上手く行かないモノですね(^^;)。