• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2010/05/10(月)

【#76】日程のギモン

 今僕は、函館遠征へと向かう道中でこのコラムを書いています。早いもので、この函館シリーズが終わると今年もセパ交流戦が始まりますね!僕もこれからの時期、遠征やロケが増えて怒涛のスケジュールに突入していきますが(笑)、一番楽しみな季節でもあるんで、今からちょっとワクワクしています。マスコット交流の予定は「B・Bニュース」内に順次アップしてますが、今年はセ・パ含め予想外(?)に札幌ドームに来てくれるマスコットが多そうなので、北海道の皆さんは大いに楽しみにしててくださいね♪

 ところで!マスコット交流の予定も続々と確定してきている今日この頃ですが、交流日程を組む上で、僕が前からずっと気になっている事がひとつあるんです。おそらくファンの皆さんも、同じ事を感じてる方が少なくないはずだと僕は確信してますが…毎年交流戦の日程が、ちょっとワンパターンだと思いません?
 つまり――同じチームとの対戦が、毎年ほとんど同じ時期、同じ曜日に来るんですよね。具体的な例を挙げると、たとえばファイターズの場合札幌での阪神との対戦が、必ず5月末(もしくは6月頭)の土日にくる。そして広島・巨人との対戦は必ず平日。これは交流戦がホーム・ビジター各2試合制になった2007年以降、ナゼかずっと変わっていません。2試合制は今年で4回目だから、単なる偶然とは思えないんですが…。
 なんでこんな事に物申すかと言うと、試合の曜日ってマスコット交流を組む上で結構重要なポイントになってくるんですよ。やっぱり交流をするなら、お客さんの多く入る土日が望ましい。パ・リーグ同士の試合なら、数ある試合の中から土日を選んでマスコット交流を組めばいいんだけど、セパ交流戦になると試合が限られるから、平日に組まざるを得ない場合も出てくる。チームによっては「平日にわざわざ札幌までマスコットを寄越すのはどうも…」って話になる場合もあるし、時期についても、毎年同じ時期に同じカードが入ると、スケジュールの都合上マスコットを派遣しづらいとかの事情が出てきたりもするんですね。

 ある程度日程に精通しているファンの方なら気付いてると思いますけど、交流戦の日程の組み方にはある「パターン」があるのがわかります。セパ共に、地区別に2チームずつに分かれてますよね。パリーグの場合はウチと楽天が「北地区」、西武とロッテが「中地区」、オリックスとソフトバンクが「南地区」って具合に。セリーグも然りです。そして「北×北」→「北×南」→「北×中」といった感じで、順繰りに各地区ごとの対戦が組まれていく。つまり、ファイターズと楽天はある意味「ワンセット」になっている訳です。
 日程編成に携わっている球団の営業担当に話を聞くと、各チームの移動効率等を考えてこういうシステムになっているとの事。これは理解出来ます。でもそれなら、たとえば何故札幌の阪神戦は毎年土日で、広島戦は毎年平日なのか?ココが疑問なんです。逆に言えば、仙台での楽天×阪神戦は毎年平日で、広島戦は毎年土日という事になりますよね?移動の効率を考慮に入れたとしても、これを1年ごとに平日と土日を入れ替えたりする事は決して難しい事じゃないと思うんですけど…。
 今回はマスコット交流絡みでこういう話をしてますけど、ある決まった曜日や時期に特定の対戦カードが偏るのは、球場に来られるお客さんにとってもいろんな不都合が生じるはず。仕事や家庭の事情などで平日来られない人も沢山いるだろうし、逆に土日に来るのが難しい人だっていると思う。北海道の場合5月末の週末に運動会が行われる学校が多いから、小中学生のいるご両親とかは、いつも阪神戦に行きづらいなんて状況だって出てきますしね。特に試合数の限られる交流戦は、様々なファンに様々な対戦を見てもらう為にも、日程編成はより工夫が必要になると思うんです。
 何かの記事で目にした事のある話ですが、アメリカのメジャーリーグでは日程を組む「専門家」がいて、同じスタッフがずっと日程編成を一手に引き受けているとか。メジャーの場合、広大な国土に30ものチームが散らばっている訳ですから、毎年効率良く、しかもワンパターンにならないよう日程を組む為には、物凄く緻密で複雑な計算が要求される、と。日本もこの辺をもう少し見習って、もっと毎年の日程に変化を持たせるとか工夫は出来ないモノなんでしょうか?
 余談ですが、日程に関する疑問は他にも色々ありますね。その最たるものが、ここのところずっと恒例化してしまっている「セ・パ別々の開幕」。あれも、もうそろそろどうにかならないもんでしょうか?大抵の場合パ・リーグの方が先に開幕して、1週間くらい遅れてセ・リーグが始まるんですけど、こちらがもう公式戦をやっているというのに、セの方はまだオープン戦やってるって状況に違和感覚えるのは、たぶん僕だけじゃないでしょう。
 それとよく言われるのが、公式戦が終了してからポストシーズン(クライマックスシリーズや日本シリーズ)まで、やたら間が空いてしまう日程。これも選手の調整を狂わしたり、盛り上がりに水をさしてしまう元凶として、ずっと前から指摘されてますよね。

 話題がマスコットからだいぶそれましたが、要は日程の組み方ひとつにしても、効率ばかりを追い求めず、もっとお客さん目線で楽しめるように工夫する――これもファンサービスの重要な要素のひとつだと思うんですよね交流戦も6年目を迎えて「マンネリ感」を持たれない為にも、その程度の努力は、大した負担にはならないと思うんですが…ファンの皆さんはどう思われますか?