• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2018/09/08(土)

チーム

栗山監督、鍵谷投手ら復興支援へ募金呼び掛け

北海道日本ハムファイターズは9月8日(土)、楽天生命パーク宮城で、平成30年北海道胆振東部地震の被災地復興支援のため、東北楽天ゴールデンイーグルスとともに募金活動を行いました。募金活動はイーグルスの発案で、ファイターズからは栗山英樹監督と、有原航平宮西尚生鍵谷陽平玉井大翔の4投手が参加。イーグルスは平石洋介監督代行、佐藤義則投手コーチ(奥尻町出身)、青山浩二(函館市出身)、辛島航の2投手が参加しました。

試合開始前に参加した栗山監督や選手たちは「ご協力をお願いします」「ありがとうございます」と来場者に募金を呼び掛けていました。鍵谷投手は「少しでも(被災者の)心の支えになることができれば。あいにくの天候の中でも多くの方が並んでくれた。楽天球団の監督やコーチ、選手にも本当に感謝です。(募金をした来場者から)頑張ってください、と声をかけられた。全員が気持ちを込めてプレーすることが一番。少しでも、いい報告を北海道に届けたいです」と話し、玉井投手は「たくさんの方が並んで募金してくれて、うれしく思います。まだまだ大変な思いをしている方も多いと思う。一刻も早く復興してほしいですし、自分たちに何かできることがあれば協力したい。少しの力かもしれませんが、北海道の力になれるように努力したいです」と力強く語りました。
両球団による募金活動は9月9日(日)も楽天生命パーク宮城で行う予定です。