• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2018/08/06(月)

チーム

「サマーベースボールフェスティバル」北海道社会人・大学選抜とのプロアマ交流戦は2年ぶりの勝利

北海道日本ハムファイターズは「サマーベースボールフェスティバル」最終日の8月6日(月)、ファームが栗山町民球場で北海道社会人・大学選抜と交流試合を行いました。2,065人が見守る中、中盤で4点のビハインドを負ったファイターズは、9回裏に6安打を集中。同点の1死満塁から5番・大嶋匠選手が右前打を放ち、7-6のサヨナラ勝ちで白熱の攻防にピリオドを打ちました。

ファイターズ先発は今シーズンドラフト5位で入団した北浦竜次投手。1回に2三振を奪う上々の立ち上がりを見せましたが、4回に味方の失策で同点とされると、5回2死無走者から四球、暴投でピンチを招き、3番・大石悠介選手(室蘭シャークス)に左越え二塁打を浴びて勝ち越しを許しました。2番手のドラフト3位ルーキー田中瑛斗投手も失策で先頭打者を出塁させる不運もありましたが、相手に傾き始めた流れを止められず、1番・田中貢大選手(室蘭シャークス)の2点右中間三塁打などで3点を失いました。

2回以降得点を挙げられず窮地に立たされたファイターズは、最終回にプロの底力を発揮。無死一、二塁から郡拓也選手の左越え二塁打で1点を返すと、2本の適時打と敵失で一気に追いつきました。最後はスタンドの大声援を受けて大嶋選手がサヨナラ打。勝利の立役者が「何を打ったかも覚えていない」と言えば、荒木大輔ファーム監督は「北海道のファンの熱さに選手が刺激を受け、最後の最後に意地を見せられた」と振り返りました。

この試合は2015年にファイターズが「NPO法人北海道野球協議会」に加盟し、全国で初めて地域のアマ野球組織に加わって若年層の野球人口増などの振興策に取り組むことの一環で行われているもので、奇しくもスコアは昨年まで3年連続で3-2。北海道社会人・大学選抜を率いた加藤徹監督は「3-2からの脱皮を掲げて挑みましたが、最後はさすがの集中力。北海道からジャパンの選考対象に挙がる選手を輩出していきたいので、きょうの経験も必ず生きると思います」と話していました。

8月6日(月)北海道日本ハムファイターズ vs. 北海道社会人・大学選抜/栗山町民球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
北海道社会人・大学選抜 10
北海道日本ハムファイターズ 5x 13

左右スワイプで表全体をご覧いただけます

■バッテリー

北海道社会人

大学選抜
伊藤、佐藤怜、本木、細川、太田、下河原-中浦、佐藤大、小林、奥野
北海道
日本ハム
ファイターズ
北浦、田中瑛、高山-郡