• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2018/03/29(木)

チーム

開幕戦に向けて準備万端 札幌ドームで前日練習

2018年シーズンの開幕戦を翌日に控えた北海道日本ハムファイターズは3月29日(木)、札幌ドームで全体練習を行いました。フリー打撃や守備練習など約2時間半にわたって、汗を流した選手たち。その真剣なまなざしと、時折かいま見えるリラックスした表情から、いい緊張感が伝わってきました。北海道日本ハムファイターズが誕生して15年目の開幕に向けて、選手たちはしっかりと準備を整えていました。

2シーズンぶりのパ・リーグ優勝と日本一を目指す栗山英樹監督は「どこのチームよりも野球を愛して、必死にやる。優勝することしか考えていない」と力強く話しました。複数の選手がチームを離れ、今シーズンは新たな姿を見せるファイターズ。栗山監督は、戦い方でファイターズらしさを感じ取ってほしい、と考えています。その栗山監督が新キャプテンに指名し、「びっくりするような数字を残してほしい。今年こそ、と信じている」と絶大な信頼を寄せるのが中田翔選手です。

キャプテンの「C」マークを胸に刻んだユニフォームを着用する中田選手は開幕戦に向けて、「ワクワクしている。今年はチームとして準備もできたと思うし、個人的にも良い状態で迎えられる。すごく楽しみ」と充実した表情で話しました。今日のフリーバッティングでも快音を響かせており、「感触はいいですね。ここぞというチャンスで打ちたい」ときっぱり。「ファイターズはチームが一つになった時はどこにも負けない強さがある。1試合でも多く、その強さを発揮したいです」とキャプテンらしく頼もしい言葉を残してくれました。

今シーズンの開幕の先発を務めるのは新外国人のロドリゲス投手です。大役を任された心境を「大事な開幕戦を任せてもらった。びっくりしたけど楽しみだし、幸せな気持ち。すべての力を出し切りたい」と全力投球を誓いました。さらに、ファンに向けても呼び掛けました。「チームの勝利に全力で貢献したい。そのためにはファンの力が必要です。ぜひサポートしてほしいです」。ファンからの大声援をパワーにして、節目の2018年初勝利をつかみとる決意です。