• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2018/01/24(水)

チーム

2018年チームスローガンは「道 -FIGHTERS XV-」

北海道日本ハムファイターズ2018年シーズンのチームスローガンが本日1月24日(水)、以下に決定いたしましたのでお知らせします。

道 -FIGHTERS XV-(みち ふぁいたーずふぃふてぃーん)

2018年は北海道日本ハムファイターズ誕生15年目のシーズンであるとともに、幕末の探検家・松浦武四郎の提案により北海道と命名されて150年にあたります。この節目の年に北の大地の期待を一身に背負い、信念を貫き通し、結果に行き着く道筋を考え、野球の道を究める決意を一文字に込めました。15を意味するXVはVが3つ組み合わさっており、北海道で三度目の日本一を目指す意気込みも表しています。

≪栗山英樹監督コメント≫

「これまでの歩みがファイターズという存在を認めていただき、北海道に受け入れてもらうための14年だとすれば、ここから先、我々はこの道を行く、皆さんでこう進んでいきましょうと指し示す段階に来ています。全員の志が一つになっていなければ、その道が踏み固まることはありません。先人が北海道の歴史を築いてくれたことへの敬意を抱き、魂を受け継いでいくためにも自分たちが何を残していけるのか、150年の節目に改めて感じるものがあります。このスローガンのもと、ファンの方々と思いを一つに戦い抜きます」

スローガンデザインについて

ロゴ作成は北海道帯広市出身の書道アーティスト、萃美(すいび)氏に依頼しました。

≪萃美氏コメント≫

「曲線の中にも鋭さと勢いをもたせた書は、北海道と命名した松浦武四郎の勇ましさや心の強さ、ぶれなかった信念、そして人を大切に思いやる心を表現しています。『しんにょう』部分は北海道の形を表しました。
150個の大小さまざまな丸が連なっているデザインは、150年という間に、今の北海道を築き上げるまでの1年1年の積み重ねを表現しています。また、北海道日本ハムファイターズのチームカラーである赤・ゴールド・青を使い、チームが持つ勢いが伝わってくるデザインとなるよう心がけました」

≪萃美氏プロフィール≫

北海道帯広市出身。
上智大学経済学部卒。
6歳から書を学ぶ。師範免許を保持。

大学卒業後単身渡米し、会計監査人として勤務。
帰国後は書道アーティストとしてIamSuibi.comを設立。国内外に書道サービスを提供しながら、普段書と接する機会の少ない人にも響くような、アートとしての書、メッセージ性のある書を追求、その魅力を発信し続けている。