• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2017/11/08(水)

チーム

宮西尚生投手契約合意のお知らせ

北海道日本ハムファイターズでは11月8日(水)、海外フリーエージェント権を保有している宮西尚生投手と来季契約合意に達しましたで、お知らせいたします。宮西選手は権利を行使せず、残留いたします。

記者会見に臨んだ宮西選手は晴れ晴れとした表情を浮かべました。海外FA権を取得してシーズンオフを迎え、それを行使するかどうか思い悩む日々が続いたといいます。「世代交代が進む中で、このチームに必要とされているかどうかが分からなかった」。それでも、球団側と話し合いを進める中で、残留の決め手になる言葉がありました。「『このチームで引退してほしい』と言われました」
高い評価を追い求めた3年前の国内FA権取得時とは違い、本人の心にあるのは、今後どのような野球人生を送るか。「3年前も“恩返し”という話をしたが、まだ半分もできていない。この左腕がぶっ潰れるまで恩返しを続けないといけない。この左腕をファイターズに捧げようと思う」。ルーキーイヤーから10年続く50試合登板の更新が目標です。「優勝争いする中で続けていきたい」。若手を引っ張る投手陣のリーダーは、来季も重要なポジションで気合のこもったピッチングを見せてくれることでしょう。