• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2017/07/14(金)

チーム

《マイナビオールスターゲーム2017》第1戦で西川遥輝選手が敢闘選手賞を受賞

「マイナビオールスターゲーム2017」第1戦が7月14日(金)、ナゴヤドームで行われ、北海道日本ハムファイターズの西川遥輝選手が敢闘選手賞を受賞しました。

西川選手は5回裏の守備から中堅に入り、オール・パシフィックが1点を追う7回無死一塁の第1打席で中前打。同点に追いつく足がかりを作ると、クライマックスは1点をリードした8回2死一塁で訪れました。完ぺきに捉えた打球は右翼席上段へ。141メートルの特大アーチで、満員のスタンドを驚かせました。途中出場ながら存在感を見せつけ、見事に初出場での個人賞受賞。賞金100万円を獲得しました。
第1戦では、ファイターズの選手全員に出場機会がありました。「6番・一塁」でフル出場した中田選手は2回1死の第1打席で左線への二塁打を放つと、9回の第4打席でバックスクリーンに飛び込む特大弾。7年連続7度目のオールスターゲーム出場で初めての一発を記録しました。「3番・指名打者」でスタメン出場した大谷選手は2打数無安打で交代。レアード選手も代打での1打席のみで無安打でした。投手として唯一出場している谷元選手は5回に3番手として登板し、11球で無安打無失点。三重県出身であることからナゴヤドームは“地元”ともいえる場所だけに、家族の前で勇姿を披露しています。
第2戦は7月15日(土)、ZOZOマリンスタジアムで行われます。